ホーム   >   釧路産炭地域の歴史   >   音別町産炭史


音別町産炭史

時代は移り変わっても「黒いダイヤ」は輝きを放つ。

創成期

大正7(1918)年に椎葉紀義が鉱業権を取得し、同年10月北日本鉱業(株)により開坑したのが尺別炭鉱の始まりで翌8(1919)年には、本格的に採炭事業に着手しました。当時は、四尺斜坑を坑内員50人、坑外員40人くらいの規模で行なっていました。

開坑当時、石炭の運搬は馬の背に頼っていましたが、大正9(1920)年からは山元から鉄道省が認可した尺別岐線まで鉱山軌道によって運搬され、出炭量も大正8(1919)年に4千トンだったものが昭和2(1927)年には7万トンにまで伸びました。

隆盛期

昭和3(1928)年、三菱鉱業(株)が権利、施設を買収、雄別鉱業所支坑として経営に着手しました。三菱の経営に移ってからは、炭住建設、郵便取扱所、尺別炭鉱尋常小学校など次々に整備されるとともに、昭和10(1935)年奈多内坑を開坑、翌年、大和鉱業から浦幌炭鉱を買収し索道で尺別へ石炭を運びました。

昭和14(1939)年尺浦通洞(6km)の開削を開始、同17(1942)年に完成します。尺別炭鉱軌道線路が拡充、根室本線と直結し大型機関車が運行され、これで尺別炭鉱専用鉄道の名称がつけられました。また、東洋屈指といわれた尺別炭鉱総合選炭場が完成し、昭和15(1940)年20万トンあった出炭量が、昭和18(1943)年には出炭量は38万3千トンに伸びました。しかし、太平洋戦争が激しくなり、昭和19(1944)年には休坑、施設を解体して九州に転換するに至りました。

戦後復興期

終戦後、昭和21(1946)年から採炭を開始、雄別炭礦鉄道(株)を三菱から分離独立し、雄別鉱業所尺別炭砿となりました。この頃から、炭鉱で働く人たちの労働条件が良くなり、活気みなぎる炭住街は増築につぐ増築で新町が形成され、まさに全盛時代を迎えます。昭和25(1950)年1,800人台で23万トンの出炭を見ます。

経済成長期

昭和37(1962)年、石炭鉱業調査団の発足と答申に基づく厳しい石炭鉱業合理化政策が出され尺別炭鉱でも企業整備のため、合理化が図られ出炭も昭和26(1951)年には約2,000人で23万トン余、同38(1963)年には600人台で30万トン台の出炭となります。

昭和41(1966)年には石炭鉱業審議会の答申で「全国出炭5千万トン体制」が打ち出されて石炭業界の危機がささやかれ、産炭地域は先行き不透明な時代となりますが、この年の出炭は約34万トン(700人台)。ヤマの灯を消さずと町民一丸となって頑張ってきましたが昭和45(1970)年2月、雄別炭礦は3山企業ぐるみの“政策”閉山で全員解雇となります。同年12月までの間に尺別炭鉱地区内の木造家屋の多くが取り壊され、住民のほとんどは尺別炭鉱地区から転出し、音別町の人口は急減していきます。

同町は国道沿いに用地を持って企業誘致に懸命となり、その成果を上げだします。




釧路産炭地域の歴史

釧路市産炭史
釧路町産炭史
阿寒町産炭史
厚岸町産炭史
白糠町産炭史
音別町産炭史
浦幌町産炭史

釧路炭田その軌跡

DVD「炭鉱遺産を訪ねて」

釧路コールマイン(株)
《釧路炭鉱》