ホーム   >   釧路産炭地域の歴史   >   釧路市産炭史


釧路市産炭史

太平洋海底下に眠る「資源の宝庫」そこには5千万年前の物語がある。

写真1写真2写真3

創成期

第一次世界大戦中の大正6(1917)年、台湾総督府のもとで金山、炭鉱など鉱山事業を手がけていた木村久太郎が新たに北海道の炭鉱へ進出し、休山していた釧路春採の安田炭鉱に着目。配下の太田技師とともに、直接坑内を下見したところガスも少なく坑内条件、炭層、埋蔵量も良好だったのでこの炭鉱を買収し、木村組釧路炭礦として操業を始めます。

その後、大正9(1920)年、木村組釧路炭礦(春採坑)と三井鉱山釧路炭礦(別保坑)の合併により、太平洋炭礦(株)がスタートしました。

戦前・戦時中

満州事変が勃発し、これまで続いてきた不況状態が軍需景気によって昭和10(1935)年代初期には好景気に転じます。

石炭景気が訪れ30万トン台の出炭。戦時体制に太平洋炭礦では、輸送ルートを選炭工場から港まで臨港鉄道で運ぶことで効率化を図りました。

釧路の南埠頭では太平洋炭礦の積み込みローダーが稼働、そして北港域では三菱鉱業の主な炭鉱のひとつである雄別炭礦の貯炭場が拡大し、釧路港は石炭積み出し量が、それまでの木材にとって変わり、石炭の港として有名になったのです。

しかし昭和19(1944)年政府の方針で釧路炭田の炭鉱は保坑、休坑となり、坑夫は道内の空知や九州方面の炭鉱へ強制配転(軍属)となりました。

戦後復興期

昭和20(1945)年秋、太平洋炭礦は労働組合の発足と共に再開されました。当時の主要は春採坑と別保坑(同21(1946)年再開)でした。

政府は戦後復興の重点として石炭増産策を図りましたが、これは京浜工業地帯の工場へ動力炭を送るためでした。このため全国の炭鉱調査によって優良炭鉱が指定され、太平洋炭礦も経営資金や資材の特融を受けられる優良炭鉱となりました。

石炭増産のため昭和22(1947)年興津斜坑の開削に着手し、また同年末には桂恋坑の開発(昭和32(1957)年で採炭中止)を進めました。一方、優良炭鉱の条件もあり採炭の先が見えた別保坑を昭和24(1949)年閉坑しました。

昭和25(1950)年5月政府が進めてきた石炭鉱業の国家管理(同23(1948)年以降)が廃止され、石炭をめぐる環境は余剰生産となり自由経済へと移行しました。それまで三井鉱山(株)下にあった太平洋炭礦(株)の全持株22万株の一部の株式が政府によって凍結解除され、同炭鉱の経営にあてられました。

昭和26(1951)年3月に至りこの持株が全面凍結解除されたのに伴い同炭鉱の経営環境が好転し、これ以降は次々と増資を実施します。

同26(1951)年春採坑の採炭は全面海底下に移行し、第一卸6号のロング採炭現場には鉄柱カッペ、パンツアーコンベアーが、更にロッカーショベル(昭和27(1952)年)が導入され、戦後の機械化採炭が始まったのです。

同27(1952)年選炭工場にバウム式水選機。

同29(1954)年3月桜ヶ岡斜坑で集団ベルトによって出炭開始(総延長1,910m)。また坑外炭車も大型の5トン炭車に切り換えました。

同28(1953)年戦後の従業員急増で4,000人台へ膨張していたが人員の希望退職を図りこの年従業員は3,000人台となり、また出炭量も戦前レベルの70万トン台となります。組合では113日に及ぶ苦しい涙の「英雄なき」ストライキもありました。

同29(1954)年8月には春採坑二卸左八片の海底現場でガス爆発が発生し39名の尊い犠牲者を見たのです。

経済成長期以降

作業現場到着までの所要時間の短縮を図るため、高速人車を導入。

安全・高性能なSD採炭方式。高性能採炭プラントの導入によって安定出炭を維持しています。

総合保安管理システムにより、坑内情報を迅速に把握。保安確保に万全をつくしています。

「エネルギー革命」の進展により、昭和35(1960)年以降、採炭部門ではホーベルの採用、支柱の水圧鉄柱、掘進のコンテニアスマイナー(CM)※1など高度な機械を導入して、一社一山一坑口の合理化を完成し100万トン台の出炭となります。

さらに昭和42(1967)年から天盤と後方を支えるシールド枠(S)※2とドラムカッター(D)※3との組み合わせにより採掘するSDロングウォール(長壁)採炭方式を採用、この高度な機械化による操業で250万トンの出炭を維持しました(昭和45(1970)年〜同46(1971)年)。

ドラムカッターはラジオコントロール操作方式に、シールド枠は隣接枠操作方式に変換し、安全に採炭を図り、また平成8(1996)年には高能率新採炭プラントの導入により、安定出炭を維持しました。さらに送炭部門では平成7(1995)年に火力発電用炭供給のため新坑口を開設し世界最長の約7,000mの巻揚機を導入しコストダウンを図りました。

しかし、平成13(2001)年11月29日、九州最後のヤマ・池島炭鉱(長崎県外海町)が閉山したのに続き、国内唯一の炭鉱となった太平洋炭礦は、翌14(2002)年1月30日、太平洋炭礦(株)は企業ぐるみの“政策”閉山となり、大正9(1920)年の開坑から数えて82年の歴史に幕を下ろしました。

※1 コンテニアス・マイナー … 切羽の炭壁を切削する機械。

※2 シールド枠 … 天盤(坑道や切羽の天井にあたる部分)を支えるための強固な鉄製枠に安全鉄板を当てた隙間のない連結式自走枠で更に採掘機械又は運搬機と結合した機械化支保枠。

※3 ドラムカッター … 採炭切羽で使用する巨大なドラム形の切削機械。

炭鉱技術で国際協力

海外の技術者を受け入れ、研修、技術交流を積極的に行っています。

太平洋炭礦の閉山に伴い、石炭鉱業都市である釧路市では釧路商工会議所など地元経済界の働きかけで釧路コールマイン(株)/炭鉱名:釧路炭鉱を設立しました。

この折り太平洋炭礦の鉱区の一部を引き継ぎ、併せて優れた炭鉱の諸技術を有する従業員の希望者を採用し、各種鉱山機械等も承継して平成14(2002)年4月9日より操業を開始しました。

釧路コールマイン(株)では政府の方針にそって、国内で唯一の坑内掘りをハイレベルの技術で機械採炭していますが、同炭鉱ではアジア・太平洋地域の海外産炭国への技術支援を行うため、海外研修生を積極的に受け入れて国際的に評価の高い採掘技術や保安技術、管理技術を指導しております。

実際に生産を続けている生きた炭鉱だからこそできる実践的で充実した研修が行われています。また、地元では研修生と市民との交流も積極的に行われています。




釧路産炭地域の歴史

釧路市産炭史
釧路町産炭史
阿寒町産炭史
厚岸町産炭史
白糠町産炭史
音別町産炭史
浦幌町産炭史

釧路炭田その軌跡

DVD「炭鉱遺産を訪ねて」

釧路コールマイン(株)
《釧路炭鉱》