ホーム   >   釧路産炭地域の歴史   >   釧路町産炭史


釧路町産炭史

悠久の歴史が物語る赤い炎は人々の心に燃え続ける。

創成期

明治22(1889)年釧路地方の鉱床調査を道庁の技師たちが実施し、これをまとめた『北海道鉱床調査報告』(明治24(1891)年)で釧路炭田の臨海部に位置する別保炭山は既に北海道炭坑鉄道事務所長の「村田堤ノ試掘」の中で広く知られていました。

明治30(1897)年代に入り、山県勇三郎による山県炭鉱が営業採炭を始めました。釧路〜白糠間の鉄道や前田製紙工場(後の富士製紙)という販路を得て増産を続けていくのです。その後、山県炭鉱の経営は釧勝興業(株)に継承されます。

明治40(1907)年代大阪での事業失敗の挽回を図るため山県炭鉱とは別の炭鉱を買った大阪炭鉱が操業を始めます。

隆盛期

大正5(1916)年三井鉱山(株)は近く釧路〜厚岸間の官設鉄道が開通することを受けて、経営不振の大阪炭鉱を買収し、ここを三井鉱山(株)釧路炭鉱として釧路炭田に進出します。最初は山元から新設された上別保駅(後年の別保駅)まで選炭場から馬車軌道で運び、同駅から貨車輸送で釧路方面へ石炭を出したのです。三井鉱山(株)は隣接の釧勝興業(株)の炭鉱も買収し鉱区を拡大し、これまでの小さな坑口を統合し、これらをもって別保一坑、同二坑として深部採炭に向かいます。

大正9(1920)年釧路町が釧路区(今日の釧路市)と昇格するのに伴って、この一帯は人口の集中する炭鉱地域を中心に二級村の釧路村(今日の釧路町)として独立し、釧路村役場も炭鉱の中に置かれます。この年、三井鉱山(株)の強い働きかけによって隣接鉱区の木村組釧路炭鉱はこれと合併し、太平洋炭礦(株)が発足しました。これに伴い別保の炭鉱は別保坑と称され、別保一坑、二坑とも鉱山機械を導入し斜坑時代を迎えます。

大正14(1925)年以降、石炭の貨車輸送は上別保駅(後の別保駅)から東釧路駅を経て釧路港まで、太平洋炭礦(株)の出資で鉄道省が認可した私鉄の釧路臨港鉄道で運びました。上別保駅からは石炭のほか木材も積み出され同駅を中心に駅前市街地が形成されていきます。やがて炭鉱地域にあった村役場も、この市街地の近くに移転することになります。駅構内には石炭や木材の積み込み土場が広まりますが、石炭は上別保駅から選炭工場まで引込み線が敷設され貨車による一貫輸送がされると馬車軌道は極地的なものへと縮小されます。

出炭は大正11(1922)年7万2千トンであったが、昭和2(1927)年には10万トンの出炭を見ます。更に昭和15(1940)年には朝鮮人労働者の多量投入と12時間労働によって戦前期最多の34万6千トンの出炭となります。このようにして戦前期に釧路村の人口は他の小ヤマを含め炭鉱を中心に急増していきます。

昭和19(1945)年太平洋戦争末期に政府の方針で別保坑は休坑となり、鉱員は朝鮮人労働者と共に九州の炭鉱へ強制配転されていきます。

衰退期

戦時下の九州配転により休坑となった太平洋炭礦別保坑は、昭和21(1946)年に再開されます。出炭増が求められた政府指定の優良炭鉱の条件で出炭に限界が見えた別保坑は昭和24(1949)年に閉山。別保坑以外の小炭鉱も昭和31(1956)年には閉山に至っています。別保炭山のあった双河辺一帯は後に新興住宅地となりその姿を変えました。太平洋炭礦へ石炭を供給した栄和炭鉱の深山新坑(昆布森)が昭和40(1965)年に開坑したものの、出炭のコスト高やエネルギー政策の転換という時代を迎え昭和47(1972)年閉山し、これをもって釧路町から全ての炭鉱が姿を消しました。




釧路産炭地域の歴史

釧路市産炭史
釧路町産炭史
阿寒町産炭史
厚岸町産炭史
白糠町産炭史
音別町産炭史
浦幌町産炭史

釧路炭田その軌跡

DVD「炭鉱遺産を訪ねて」

釧路コールマイン(株)
《釧路炭鉱》