ホーム   >   釧路産炭地域の歴史   >   厚岸町産炭史


厚岸町産炭史

生きる楽しみや喜びを教えてくれたヤマの息づかいが聞こえる。

創成期

内陸の上尾幌の炭鉱は明治44(1911)年霧多布の田中長之助が鉱業権を取得していたが採掘されず、本格的に開坑したのは大正6(1917)年官設鉄道の釧路〜厚岸間が開通した翌7(1918)年のことです。

奈良義路、宮前九平、中西順吉による旭炭鉱、中野米蔵による八千代炭鉱をはじめとする5つの鉱区がありました。また、もう一つ上尾幌の炭鉱よりも古い、厚岸湾に近い糸魚沢炭鉱は、明治12(1879)年頃しばしば試掘されていましたが採炭するまでにいたらず、小規模ながら採炭を開始したのは遅れて昭和8(1933)年のことです。

隆盛期

昭和(1926年〜)に入ると各炭鉱とも100人以上の人員体制となり、機械化が進んでいきました。昭和6(1931)年、満州事変の勃発に始まる一連の戦争拡大は、軍需産業への刺激によって、好景気をもたらし、採炭量も増え、上尾幌炭鉱の全盛時代の幕開けとなるのです。

昭和11(1936)年ころには王子製紙が日東を、日本特殊鋼管が青葉を、太平洋炭礦が新尾幌・八千代を経営、同13(1938)年の国家総動員法の国策に沿うような形となり、上尾幌の人口も急増、小学校の児童数も800人を超えました。

しかし、昭和18(1943)年から19(1944)年にかけて太平洋戦争の激化とともに炭鉱の配置転換が行われ、上尾幌所在の全炭鉱が休坑。坑夫は道央芦別の炭鉱や九州の炭鉱へ強制配転されます。

戦後・復興期

終戦後(1945年〜)、各炭鉱は自家用の暖房用炭を細々と採炭しはじめ、八千代炭鉱も久田重蔵により新八千代炭鉱として昭和23(1948)年発足。このころから全山の出炭量も増加、同25(1950)年の朝鮮戦争による特需は、第二の炭鉱全盛時代を現出し、黒いダイヤの好景気をもたらしました。

昭和30(1955)年、石炭鉱業合理化臨時措置法による石炭鉱業合理化事業団が設置され、採掘権、諸設備の買収を行い「スクラップアンドビルド」政策の実施対象となりました。固体燃料から液体燃料へのエネルギー革命が押し寄せ、石炭産業は斜陽化の時代をむかえます。大型タンカーの出現により輸送費が低下、石油の比重が増し、反比例して石炭産業は衰退していったのです。

エネルギー転換策は小ヤマの多い上尾幌〜尾幌地域の炭鉱は、昭和35(1960)年ころから同40(1965)年までに全山を閉山。一方、糸魚沢炭鉱も同35(1960)年にはヤマの灯を消したのです。




釧路産炭地域の歴史

釧路市産炭史
釧路町産炭史
阿寒町産炭史
厚岸町産炭史
白糠町産炭史
音別町産炭史
浦幌町産炭史

釧路炭田その軌跡

DVD「炭鉱遺産を訪ねて」

釧路コールマイン(株)
《釧路炭鉱》