ホーム   >   釧路産炭地域の歴史   >   阿寒町産炭史


阿寒町産炭史

エネルギー源を担う誇りにマチは活気と情熱にあふれた。

創成期

明治22(1889)年道庁技師による釧路国の地下資源調査でオショナイ(大祥内)など舌辛煤田(=炭田)の存在が明らかになりました。しかしここは内陸部に位置し、釧路港まで石炭を運ぶのが大変であり、田中彪などが鉱区を持っていましたが多くの鉱区主が変わり、本格的な採炭に至りませんでした。

明治36(1903)年釧路炭鉱(株)が舌辛のオトンベツ炭鉱を開坑します。この山元から官設鉄道の大楽毛駅の貯炭場まで、原野区画時の予定道路(後年、仮定県道となる)に沿って専用馬車軌道(17.7km)を敷設しました。これで釧路港へ石炭を送ったのです。

大正7(1918)年芝義太郎らが12の鉱区主から鉱区を買収し、翌8(1919)年に北海炭砿鉄道(株)を資本金300万円で設立します。これで舌辛村の山元へ坑夫を入れて山元貯炭を進めます。一方これと並行して大正9(1920)年5月より石炭を釧路へ運び出す鉄道敷設工事に着手します。最初は先例もあり官設鉄道の大楽毛駅へ結合させるルートも検討されたが、既にここには大楽毛家畜市場があり、駅前石炭土場を確保することが困難で経済的にも将来性のある釧路駅、釧路港へ工事を進めます。この年の大洪水で阿寒川の河道が変更したのに伴い国の新釧路川の開削事業で鉄橋数の増設など部分的に設計変更をして大正12(1923)年1月にこの鉄道敷設工事(44.1km)は完了します。

この工事で出資が膨張した北海炭砿鉄道(株)は資本金の増資公募を図ります。しかし第一次世界大戦後の不況は深刻で、大正13(1924)年3月三菱鉱業が同社の株式を買収し、この会社の筆頭株主となります。炭鉱会社名を雄別炭礦鉄道(株)と改称して釧路炭田へ進出します。炭鉱の坑夫及びその家族の増加に伴い、大正12(1923)年それまでの舌辛村は他村を併せ二級村の舌辛村となります。雄別炭礦鉄道(株)の出炭量は増加の一途をたどります。

隆盛期

雄別炭礦は開坑以来多くの坑口があり、それぞれの地域で採炭していましたが、経営合理化のため坑口を一つにまとめる必要がありました。昭和13(1938)年、雄別通洞が完成し坑口が一本となり、雄別炭礦の基礎が確立され諸設備がここに集約され、出炭量は66万トンを記録し戦前の最盛期をむかえました。

戦時増産期の昭和16(1941)年〜昭和18(1943)年ころには、勤労報国隊の入坑が始まりました。昭和19(1944)年、戦時国策で政府の強制により従業員と設備の一部を九州の三菱系炭鉱へ転換され雄別の操業を中止します。

戦後復興期

昭和21(1946)年ようやく操業を再開。石炭増産で政府の公資金を導入できる優良炭鉱となっていた同炭鉱は昭和23(1948)年10月三菱鉱業下の同炭鉱株式の全20万株を凍結解除し炭鉱経営にあて実質的な第一歩が始まります。雄別炭礦鉄道(株)は人員の急増で古潭地区に炭住街を建設し村内の主要な市街地域となりました。

戦後、増産に努めた石炭産業は昭和25(1950)年に朝鮮動乱が起こると、特需景気によって空前の石炭景気をもたらし「黒いダイヤ」と呼ばれました。昭和26(1951)年4,000人台の人員で58万トン余の出炭で昭和14(1939)年の50万トンの戦前水準を超えます。しかし、この石炭ブームが下火になると石炭産業は不況に陥ります。

昭和27(1952)年、全国の炭鉱労働組合は賃上げを要求し63日間のストに発展。雄別炭山の全ての人々は苦しい経験をしました。昭和28(1953)年、石炭産業の不況はいよいよ深刻となり、最初の人員整理により、819名が希望退職しました。

経済成長期

昭和30(1955)年には石炭鉱業合理化臨時措置法が出され、「スクラップアンドビルド」政策が進みます。しかし昭和12(1937)年舌辛村から阿寒村へ名称を変えた同村に昭和32(1957)年炭鉱地域の人口集中で町制が施行され阿寒町となり、炭鉱地域の同町支所は町内最大の支所となります。

昭和34(1959)年には国内エネルギー計画の再検討が行われ、同年6月雄別炭礦鉄道(株)は鉄道部門を分離合理化し、雄別炭礦(株)となります。

昭和35(1960)年に「岩戸景気」で一時的に好況を迎え、昭和40(1965)年には機械化採炭により1,800人台で67万トンを出炭しましたが、決定的解決とはならず、昭和44(1969)年5月に赤平市の茂尻砿(昭和10(1935)年雄別炭礦鉄道(株)へ編入)が閉山、翌45(1970)年2月、雄別炭礦は企業ぐるみの“政策”閉山となります。これで栄光あるヤマの歴史にピリオドを打ちました。炭鉱マンとその家族たちは好景気のなか、本州や札幌方面へ再就職しヤマを去りました。これで阿寒町の人口は急減します。

炭鉱の関連企業のなかには、その活動の舞台を釧路市へ求め成長した会社もあります。また三菱鉱業(株)は閉山の公資金などで総合エネルギー供給会社である三菱マテリアル(株)を立上げ新時代への対応を図ります。




釧路産炭地域の歴史

釧路市産炭史
釧路町産炭史
阿寒町産炭史
厚岸町産炭史
白糠町産炭史
音別町産炭史
浦幌町産炭史

釧路炭田その軌跡

DVD「炭鉱遺産を訪ねて」

釧路コールマイン(株)
《釧路炭鉱》